アイウェア選びのコツ|顔の雰囲気を自由自在に変える|カラコンを使用する

顔の雰囲気を自由自在に変える|カラコンを使用する

ウーマン

アイウェア選びのコツ

女の人

メガネのフレームの形は数種類あり、一つ一つ特徴が挙げられます。1つ目のフォックス型は大人らしい印象を与えると同時に冷たい人の印象があります。一方、ラウウド型はメガネの定番の形、シャツで言えばTシャツでブームにもたまに成ります。さらに、スクエア型は頭の良い印象のフレームで、丸い顔の形の男性には小さく見える効果があり、オーバル型は形が卵型のフレームで、おしゃれとしては、角張っていない印象です。フレームなしは文字通りフレームの無い物で、中には片側にだけフレームがある商品も存在します。何れも素敵なデザインで、買う商品を決めずに、お店に来たら目移ろいするでしょう。おしゃれとしてアイウェアを選ぶなら大きさにも注意してください。選ぶ時のポイントがあり、顔の眉毛から顎までの大きさの半分より、小さいメガネは小顔効果が期待できます。更に、メガネの横幅は顔の幅に合わせることで、効果が増加します。何故なら、横幅の大きいメガネは小顔に見えず、見た目で損するからです。選ぶときは、おしゃれをどう相手に見せたいかで決めましょう。最近はメガネ男子と言うモテる男性のタイプが出てきました。用語は勿論、アイウェアが似合う男子の事で、格好いいと女子の間から注目の的です。アイウェアのファッションに挑むならギャップにトライするのはどうでしょう。モテるためにメガネをかけるなら、ギャップで印象を強く残せます。例えば、あまりインテリキャラで知られていない人が、知的なスクエアのアイウェアをかければギャップになります。他には、子供っぽいイメージがあるなら、メガネをかけるとおしゃれになり、大人らしく見える効果があります。本国の民族は平たい顔が多く、子供っぽい印象を持たれ易いです。メガネをかければ、通常時とのギャップが生まれ、気になる人にも印象に残るでしょう。アイウェアはギャップを作る、上手なおしゃれ小道具になります。